あなたの古民家ライフを後押しします

>

古民家リフォーム

古民家リフォームの基本的な考え方

古民家のリフォームの基本は古民家ならではの趣は残しつつ、生活しにくい箇所をアップデートすることで理想の家に近づけることだといえます。
昔に建てられた家ですから、現代的な快適さは持ち合わせていませんし、大規模なリフォームが必要になることも多々あります。
理想の家のため、あれこれ考えるのは楽しいことですが、こだわりだすときりがないといったところがあります。古民家リフォームはどこまでやるのかによってその費用が決まるといっても過言ではありません。
予算には限りがあると思いますので、優先順位を考えて必要だと思われるものから行っていきましょう。
一度に全部やらずに、必要最低限のリフォームだけを行い、その後住んでいく中で少しずつリフォームしていくというのもありだと思います。

古民家リフォームの価格って高いの?

気になる古民家リフォームの相場は一概には言えるものではありませんが、新築リフォームに比べると割高で、価格としては500万~3500万円くらいかかるといわれています。さらにこだわった場合にはそれ以上になることもあります。

かなり金額に開きがあるため指標にもしづらいですよね。なぜそうなるかというと、古民家の状態、施工業者によって価格は左右されますし、そもそもリフォームの箇所が人によって違うので最終的なリフォーム金額に大きな開きが生じてしまうからです。

次項では具体的な計画を立てやすいように、リフォームメニューごとの相場を紹介していきます。自分のしたいリフォームの組み合わせを考え、果たして合計でどのくらいになるのかを計算してみましょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑