あなたの古民家ライフを後押しします

>

予算内でできるリフォームを考える

優先度の高いリフォーム

優先度が高いと思われるリフォーム2つとその相場です。

一つ目は気密性と断熱性の向上があげられます。
冷房のなかった時代の家は夏に涼しく過ごせるよう、風が吹き抜ける構造になっています。夏は涼しい反面、冬はかなり寒くなるため気密性と断熱性を高める必要があります。
その費用はというと、断熱の方法や断熱材によっても変わりますが、150万円以上といわれています。また家全体の断熱を行った場合、1000万円以上になることもあります。

二つ目は耐震補強があげられます。
釘を使わない木組み構造の古民家は揺れを吸収し、地震に強いといわれています。しかし、その「免振」技術は現代の「耐震」基準では計れない部分があるため耐震補強推奨となっています。ちなみに費用は150万円くらいです。
耐震補強は義務ではなく任意ですが、なにぶん古い家です、地震に対して弱くなっている可能性があるため必ず専門家に相談しましょう。

その他にもある古民家リフォーム

その他よく行われるリフォームとその相場を紹介します。

湿気対策
木造の古民家にとって湿気は大敵です。雨漏りや床下の湿気に対しては手遅れにならないよう対処する必要があります。床下の水はけ改善の工事などを行うと100万円位かかります。

間取りの変更
古民家は大きな和室をふすまや障子で区切って個室にしていて、個室としては使いづらく、プライバシー確保も難しくなります。間取りの変更は300~500万円位かかります。

水回り
経年劣化の影響を受けやすい箇所です。水回り一式で300~500万円位かかります。

バリアフリー
昔の家は段差が多く、トイレの間口なども狭いことが多いです。将来のことを考えてリフォームする場合400~500万円位かかります。

以上、目安として挙げさせてもらいましたが、金額は一概には言えません。専門家の方とリフォーム箇所、方法などについて話し合い、あなたに最適なリフォームプランを立ててください。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑